読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

変身譚録

人が何かに変身する作品について話してみる

『ふしぎなやどや』或いは子供向け『板橋三娘子』

幼稚園期(5〜6歳) 絵本(海外)

毎日毎日働く社会人

安月給 パワハラ イヤになっちゃうよ

 

ってことで本日も四時間ほど残業してる人です。勤務態度は多少悪いかもしれませんが(スマホや検索サイトちらっと見たりとかね)比較的勤勉だと思うんですよね。仕事投げ出したりしないし、可能な限り要求が酷くても応えてる。

私が仕事を辞めるのは昨年十一月から部署の統括者になった執行役員が間違った張り切り方して「お前よりも安い給料でもっと働くやつはいくらでもいる」「代わりはゴマンといる」「お前ら三人でやってる仕事の量を、俺なら寝ないで半月で終わらせる」とか豪語しちゃって、他の役員や肩書のある人が一切止めに入らなかった事が原因です。会社名バラしたい。部下というか後輩もみんな辞めたし、あとは駄目になる一方なんじゃないですかね。

そんなわけで怠け者のレッテルを貼られてる愚痴を終えたところで、タイトルの話に戻ります。

『ふしぎなやどや』は福音館書店から出版されている絵本です。絵本だからと侮るなかれ、上質なTFシーンがしっかり盛り込まれてます。初めて読んだ時は丁度図書館通いを始めた頃でした。今は自宅に所持しています。

せっかくなので写真を貼ります。

 
f:id:hitsuji_to_ookami:20170323231309j:image

表紙はこんな感じ。板橋三娘子で検索をかけると全文読めるので私からのネタバレは画像と特定シーンだけにしようかと。

趙(ちょう)という男が旅の途中、評判のいい宿に泊まることにした。その宿の女将は一人で、名を三娘子(さんじょうし)という。その夜不思議なものを見た趙は、三娘子が寝床で得た蕎麦粉から出来たものには手を付けまいとさっさと宿を出て、外から様子をうかがう。朝食として出された焼餅に、泊まっていた旅人達が手を出した途端
f:id:hitsuji_to_ookami:20170323231720j:image

これである。ロバにされた男達は宿屋の裏に繋がれた。ちなみに板橋三娘子では怠け者どもはロバにして働かせましょうね、というような三娘子の台詞もある。

それを見ていた趙は、どうにかして三娘子を懲らしめようと(板橋三娘子ではその魔力を掠め取ろうと)する。

暫くの後、趙は再び三娘子の宿を訪れた。一人だけの宿泊だった。もてなしを受け、翌朝あの焼餅が出される。趙は事前に仕入れていた別の店の焼餅を素早く入れ替え、「たまには他の店の味もどうですか」としれっと三娘子に勧めた。

三娘子がその焼餅に口を付けた途端、
f:id:hitsuji_to_ookami:20170323232033j:image

「ヒー!」と一声鳴いて三娘子はロバになってしまう。

以下略!

 

という話。ちなみに成立が830年代くらいらしく、ピノキオよりも1000年も早く怠け者をロバにしてやる!という気概の見える物語が語られた事になります。

当然ながら幼少期である為、私はこの物語の後に怠け者にならないようにしようという自戒くらいで留まっていましたが、読み返した回数は何度になるか分かりません。きっかけがあって家における事になってからは少し落ち着いたものの、図書館で借りた回数は凄かったに違いない、と。

ロバになる際に旅人達が、均一でない変身をする感じとかはディズニーのピノキオを見た後の私にはドキドキザワザワのシーンでした。

特に頭からの人と足からの人という差は何か深いものを感じずにおられません。半端に終わる人がいないのか、自我はどうなるのか……と言葉は分からないながら、そのような事を考えていた覚えがあります。

何か罰せられるような形のTFはこの後更に目にする事になりますが、いつしか私の根幹の一つの作品となっていたのでした。

Tiny Toon Adventure Season1 Ep38、20年越し

小学校低学年期(7〜9歳) アニメ(海外)

タイトルから何言ってんだ状態です。どうも。

ひとまずは下記のリンクの動画がタイトルのタイニートゥーンアドベンチャーのシーズン1エピソード3です。

 

YouTube

https://youtu.be/vpk71SDYikM

 

端的に言うと3つ目のエピソードをアニメで見た時にゾワッとしてました。

モンタナ・マックスがやってる製造業は環境破壊をしていて、それを止めるためにプラッキー・ダック扮するトキシック・リベンジャーが会社に乗り込む、というもの。当時はあまり良く分からず見ていたので、改めて動画を探してみました。無論話数なども把握していなかったので、あの手この手で検索しまくりました。

環境破壊は廃液によるもので、その廃液が周囲の動物に影響している、という設定でした。乗り込んでは追い出されるプラッキーが社長に扮したモンタナにその廃液をぶっかけると途端に頭が今の頭の横に生え、尻尾が伸び背中にはトゲが……という一連のシーン。だいぶ私の中で誇張された思い出(原因が宇宙物体かなんかだと思ってた)になっていましたが、本質的には変わってません。

更に事件が解決するも、同じ廃液に触れ続けていたプラッキーにも首が生えます。それでもあんまり気にせず終わってる辺り、昔のアニメっぽいです。個人的には大変好きなので、もう一度見ることができて良かったなぁと思っています。

 

その他にもタイニートゥーンやルーニーテューンズは肥満化や風船化、引き伸ばし、矮小化などカートゥーンらしい変化にも富んでいるので、今後また見つけられたら追記したいなぁという次第。アニメの表現力は凄いもんですね。

『ゲゲゲの鬼太郎』の狸化……を最後まで見られなかった話

幼稚園期(5〜6歳) 小学校低学年期(7〜9歳) アニメ(日本)

さて、タイトル通り今回はその後割とすぐに出会ったとあるシーンです。

ゲゲゲの鬼太郎といえば日本語圏の同い年くらいの子から三十上くらいの人まで、漫画なりアニメなりでお世話になっているでしょう。

その一話である「八百八狸の反乱」というお話が、ちょうどテレビで放映されていました。実際の年月日が曖昧なので、年代カテゴリは二つ登録してみました。

 

下記に有料配信されています。

東映アニメオンデマンドYouTube↓)

https://youtu.be/rzl5gXxKoE4

 

残念ながらオンデマンド動画を見てる時間的な余裕がないので、心苦しいですが変身部分をトリミングしていた同志がいるようでしたので、下記にリンクを貼っておきます。

https://youtu.be/V8zm3yN0ebE

元々水木しげるの絵柄なので可愛いですね(笑)

別のエピソードに人狼もいるにはいるんですが、変身シーンはありません。むしろそれよりは猫町に向かいながら猫化していく原作漫画の方がTFっぽさがあります。海獣化も割と好きですが過程があんまり描かれてませんね。

とまぁ脱線はさておき。

 朧気な記憶で憶えているのは、八百八狸が人間に被害を出し始めた為、それを止めに行った鬼太郎が狸たちに捕まること。そしてその親玉に約束の印として、あろう事か右頬にキスマークを残される事です。それは狸達の封印の方法を知っていた鬼太郎に、手出しをさせない為の対処でしたが、正義感から鬼太郎は四国の山の封印の穴を塞いでしまいます。約束が破られた為、鬼太郎の身体は動画の通り、狸……というか毛皮に覆われた姿になってしまう訳です。何で死ぬんやと今なら思いますが。

幼少期の私にとって、そして『狼男アメリカン』を経た私にとって、それはまさに私用にアニメ化された変身シーンでした。同じとは行きませんが、苦し気な声と肥大する身体はそれを想起させるのに十分で、私は何か見てはいけないものを見た気持ちで、動画の変身シーンの頬が張っている最初のあたりでテレビを消してしまいました。なので、結果どこまで獣化したのかを知りませんし、どのように戻ったのかも記憶にありません。その日を境に鬼太郎を観なくなったからです。

今思えば惜しいのですが、どうして消してしまったのか後々になって理解しました。それはまた別の機会に。

 

それにしても絵柄が可愛いのでそれほど悲壮感ないんですよね。お腹弾けそうな感じになるところとか、ほっぺムチムチしてる感じとか如何にも狸化です!という感じがします。

余談ですが、この頃既に妖怪の狸は金玉をぶら下げて歩くものとして認識していたので、まさか鬼太郎の金玉も……と妙な気持ちになっていたものです。

この辺りで私は恐らく、変身とは他者に何かをされて起こるものだと認識していたようです。同時期にあったアニメ、絵本、映画などもそうでした。

こうして私は自ら貴重な機会を失ったことを比較的すぐに後悔し始めます。見ないで反復するよりは、見て忘れれば良かったのではないかと。しかし今なら分かります。見ればもっと反復したでしょう。何故ならこの時すでに、TFは一つの性癖となっていたからです。

 

以上、ゲゲゲの鬼太郎第四作の話でした。

『狼男アメリカン』との出会い

幼少期(0〜4歳) 特殊メイク 実写 映画(洋画)

何はともあれ私の始まりの話をします。

初めて人が何かに変身する話で私に大きな衝撃を与えたのは、タイトルにもあるように『狼男アメリカン』でした。

 

Amazon

https://www.amazon.co.jp/dp/B006QJSLRI/ref=cm_sw_r_cp_awdb_IGURybR7MJ39Y

 

Wikipedia

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E7%8B%BC%E7%94%B7%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%83%B3

 

YouTube(変身シーンのみ)↓ 

https://youtu.be/UFLQS12z8K4

 

ざっくりとしたあらすじなどはリンク先を参考にしていただくとして、YouTubeの変身シーンは当時3歳児だった私を大いに震え上がらせ、その日からしばらくは夜眠れない日々が続くほど怖がりました。

当時の私は狼男はもちろん、吸血鬼やゾンビ、魔女、フランケンシュタインに至るまでホラー要素とされるものはとにかく怖かった時期でありました。故に今こうしてホラー映画やゲームを楽しんでいるのにはそれなりの変遷があった訳です。そして始まりは父母ともに映画好きであったことが起因します。

私は幼心にデヴィッド・ケスラーの変身を何度も脳裏に描きました。それは怖いものほど想像してしまうという領域のものではありましたが、今に至るまでかのシーンを克明に思い出せるのはその為かと思います。

 

とにかく、これで幼かった私は初めて人間が狼に変身するという事象に出会います。程なくマイケル・ジャクソンのスリラーのPVも見る事になり、それはそれは怖がりました。

 

後年、私は改めてこの『狼男アメリカン』と向き合いました。DVDが普及し、母が懐かしい映画を集め始めたのがきっかけです。

画質の綺麗な世界で、CGのない時代の人力による生々しい変身が見えたのは非常に興奮を誘いました。ジリジリと形を変えていく手足、胸から腹部までがおよそ人間のそれではない形になってしまって、狼狽するデヴィッド・ケスラー。狼になってしまってからは自我を失い、市街地で、地下鉄で、何人もの人間を食い殺します。

悪魔的な狼男として猛威を振るう一方で、目覚めたら全裸で動物園の狼の檻にいたり、そこから脱する為に子供から風船を騙し取り、ベンチにかけてあった女性物のコートを拝借し、拾った小銭を手にバスに乗るようなシーンもあります。ゾンビと化した自分の被害者と友人に悩まされ、自首めいた行動も虚しく、最後は映画館での大量殺人の末、猟銃に倒れます。

一連の流れはまさに狼男映画、という王道感。そして変身が明るい場所で行われることにより、視覚的に伝わる肉体の変容。映画製作関係者(確か監督)がインタビューで「変身のシーンは勃起をイメージした」などと言っていたので、それはより私にとって「燃える!!」となる要因となりました。男体化やふたなり化にも強い興味がある事にも繋がりそうですが、ここはひとまず人狼化。

変身後の姿は細めのクマか毛の抜けたマレーグマのような姿ですが、どことなく愛嬌のある様子でもあります。人に似てるが何かの動物である事は確かな何か、という感じがまた私には好ましい訳です。

 

そんなわけで、私にとって人生の大きな部分を変えてしまった出来事は、恐怖と密やかな興味で終わりました。この後加速的に変身に関する作品を見つけ、その印象の強さに徐々にある確信を持つようになっていきました。

 

これが、私の根源になる映画でした。

 

(なんか書き足りないので多分いずれ追記します)

初めに

インフォメーション

初めましての方は初めまして。

いつもお世話になってる方はありがとうございます。

この度ブログを始めてみました。

前から何度かやっては辞めての挫折の繰り返しなんですが、今回はテーマも絞ってやってきます。

 

自分の変身譚史。

私は人が何かに変身する物語に様々な側面での昂りを感じます。性的だったりそうでなかったりします。そういった話が好きである事、きっかけから収集につながったように思います。

あくまでも自分が生きる中で触れたものについてだけですので、あの作品知らないのか!というのもあると思いますが、そこは私は私、あなたはあなたということでよろしくお願いします。

 

ざっくりした私のスペックを述べますと、

・1985年生まれ

・生まれ、育ちは東京

・趣味は色々インドア系統、ついでコスプレ、きぐるみ

・ディズニーシー年パス持ち

・同人サークル活動中

です。

 

ブログ内では下記のような分類において作品に触れた時期を規定します。

●幼少期 0〜4歳まで

●幼稚園期 5〜6歳まで

●小学校低学年期 7〜9歳まで

●小学校高学年期 11〜12歳まで

●中学校期 13〜15歳まで

●高校期 16〜18歳まで

●大学期 19〜22歳まで

●社会人期 23〜29歳まで

●退職期 30〜32歳まで

 

現状が退職期に当たりますが、転職活動しつつゆるっとやっていきます。つまりここの記事は随時更新です。

では、よろしくお願いします。